----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

ジョムティエンビーチでのんびり

バンコクから日帰りで行けるパタヤ。

パタヤと言えばパタヤビーチが有名ですが、実はビーチはそれだけではないんです!

今回は、パタヤビーチの南隣6㎞ほどにあるジョムティエンビーチをご紹介します。

パタヤはパタヤビーチだけじゃない

ジョムティエンビーチの魅力は、バンコクからのアクセスの良さだけでなく、静かでのんびりとしたビーチが続いていることです。

歓楽街のイメージが強いパタヤビーチに比べて、町は観光客や客引きの姿が少なく、海や砂浜もきれいです!

バンコクからパタヤまでは、エカマイバスターミナルと北バスターミナルから、長距離バスとミニバンが30分に1本出ています。エカマイバスターミナルは、スクンビット通りにあり、BTSエカマイ駅のすぐ近くなのでアクセスがしやすいです。スワンナプーム空港からも、パタヤ行きのバスが2時間に1本出ているので、空港から直接向かうこともできます。

パタヤに着いてからは、乗り合いのソンテウで移動することができます。パタヤビーチを通り過ぎ、丘を越えて約10分、ジョムティエンビーチに着きます。

|とにかく食べたい、シーフード!

ビーチに行って食べたいのは、もちろんシーフード料理!ビーチロードに並ぶレストランはシーフードのお店がほとんどなのでお店選びもしやすいです。

中でもおすすめなのが、「Pupen Seafood(プーペン シーフード)」レストランです!ビーチロードを走るソンテウの終着点から真直ぐ進むと、カニの黄色い看板とカニの大きなオブジェが見えてきます。

圧倒的な席数で、元は小さなレストランだったのが、人気によってどんどん増築されていったようです。外国人観光客よりも現地の観光客の姿が多く、蒸しカニが1kg600バーツ(約2000円)~、プラー・ヌン・マナオ(魚の形をした鍋に白身魚をライムの蒸し焼きにしたもの)が400バーツ(約1300円)と、値段もリーズナブル。

看板やオブジェを見て分かる通り、ここのお店の目玉はやはりカニ!蒸しカニを注文すると、ふたつの木の棒と一緒にカニが登場。どうやって食べるのかというと、片方の木の上にカニを乗せ、もうひとつの棒でガン!と叩きつけて甲羅を割っていきます。また、プーパッポンカリー(カニのカレー炒め)も、なんとも絶妙!ぜひ、注文していただきたい一品です。

食後のデザートのアイスは、カニの形をしたカップで出てきます。食べおわったカップを洗って持ち帰る子どもの姿も。

|家族・女子旅におすすめ♪

町もビーチも静かでのんびりと静かなので、ゆっくりと過ごしたい家族連れや女子旅にぴったりです。

リゾートスタイルのホテルも多く、プール付きのホテルでは、すぐ近くにある海を眺めながら広々としたプールに入ることができます。

ショッピングを楽しみたかったり、にぎやかな雰囲気を味わいたかったり、そんな時は、ソンテウに乗って気軽にパタヤビーチまで移動できます。とはいえ、ジョムティエンビーチにも、コンビニやバー、スパ・マッサージ店もあるので十分ですよ。

|まとめ

バンコクから気軽に行けるパタヤのジョムティエンビーチ。

バンコクから日帰りで訪れたい方も、長期でゆっくり滞在したい方も、観光客の少ないビーチでのんびりと過ごしたい方は、ぜひ、足を運んでください♪

 

ジョムティエンビーチ(Jomtien Beach/หาดจอมเทียน)基本情報
参考サイト タイ国政府観光庁

 

プーペン シーフード(Pupen Seafood/ปูเป๊น)基本情報
住所  Moo 12, Jomtien Beach RoadJomtien, Bang Lamung, Central Pattaya, Pattaya, 20150地図
営業時間  9:30~22:30
TEL  038-231728
参考サイト 公式サイト

現地記者:ぴーのっく
タイに魅せられ旅を数回続けるも、2015年春からついにバンコクへ移住。
おいしいタイ料理、おちゃめなタイの人たち、ゆかいなタイの国が大好き。
ガイドブックには載っていない、ローカルなタイの情報をお届けしたいと思います。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る