----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

手ぶらで気軽にタイ旅行

最近では、日本各地とタイ各地をつなぐ直行便の数も増えてきて、週末に弾丸旅行!なんて、気軽にタイに旅行する人も多いと思います。

もっと気軽に旅行にするため、手ぶらでタイに遊びに来るなんていかがですか?!

液体類の心配もなし!

海外旅行の準備で大変なのが荷物のパッキング。特に液体類は、機内持ち込みには制限があり、シャンプーや歯みがき粉なんかも対象となっています。

預け荷物に入れれば容器や容量の制限はありませんが、LCCの航空会社では、荷物を預けるのに別途料金がかかる場合もあります。

また、日本で売られている旅行用のシャンプーやリンス・ボディーソープ、化粧水やコンタクトのケア用品は、少量なのに値段が高い、と感じる方も多いはず。…それならいっそ、現地調達にしてみませんか?荷物もぐっと少なくなります!

シャンプーやリンス、ボディーソープ、洗顔料、化粧水、日焼け止め、歯みがき粉、ヘアワックスなどは、コンビニで簡単に手に入ります。ダヴやパンテーン、ポンズ、肌ラボ、ギャツビーなど、日本でもおなじみの商品が揃っているので、抵抗なく使えるはずです。

また、スーパーやドラッグストアに行けば、ハイブランド商品やオーガニック商品など種類が増えるので、旅行中に使ってみて気に入れば、お土産に購入することもできますね♪

|気候にあった服装を!

旅行先の気候が分からず、「念のため」と思って持っていた服は結局着ることがなく、ただの荷物に…。また、想像していた気候と違って、急きょ現地で購入することに…。なんてことはありませんか?…ということで、洋服も現地調達に挑戦してみましょう!

デパートやビル、大型スーパーには必ず洋服のテナントが入っていますし、スクンビット通りやシーロム通りなどの大きな通りには、所狭しに露店が出ているので、どこでも洋服が手に入ります。

タイの気候にピッタリの洋服が安く買えますし、日本でも着られるような洋服も手に入ります。クーラーが効いて肌寒く感じる場所もあるので、羽織るものを調達するのも忘れずに。

また、折り畳み傘などの雨具もコンビニやスーパーで購入できます。しかし、タイの雨は日本とは違い、短時間に降ってすぐ止むので、雨の中傘をさして歩くよりも、一杯のコーヒーを飲みながら雨宿りをしているぐらいがちょうど良いのかもしれません。

|なんといっても移動に便利!

荷物が軽いと、なんと言っても移動に便利ですよね♪タイの歩道は整備されていないところも多く、キャリーケースを転がしづらい場所があります。

また、バンコク市内の主要な交通手段であるBTSも、駅によってはデパートなど直結しているのですが、改札口まで階段しかない駅がほとんどです。

さらに、改札口とホームの間も、上りのエスカレーターはあっても、なぜか下りのエスカレーターありません。キャリーケースを持って階段を上り下りするのは大変…。タイ国内を飛行機や長距離バス、列車で移動する際にも、やっぱり荷物が軽いのが一番です!

さらに、荷物が軽いと、空港とホテルの間もただのタクシー移動とならず、買い物や観光をプラスで楽しむこともできますね♪

|まとめ

海外旅行初心者の方も、海外旅行に慣れている方も、パスポートとバッグひとつで、身軽にタイに遊びに来てみてください♪現地調達でも楽しめます!

チェンマイやプーケットなどの地方都市にもデパートやコンビニ、大型スーパーはありますが、お店の数や商品の種類はバンコクよりも少なくなってしまいます。地方都市に遊びに行く際は、まずはバンコクで観光しながら現地調達してみてはいかがでしょうか?


現地記者:ぴーのっく
タイに魅せられ旅を数回続けるも、2015年春からついにバンコクへ移住。
おいしいタイ料理、おちゃめなタイの人たち、ゆかいなタイの国が大好き。
ガイドブックには載っていない、ローカルなタイの情報をお届けしたいと思います。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る