----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

タイのリゾート感の秘密? 装飾に注目!

元々インドア派だった自分がタイのあちこちをまわって気になったのが、日本とは全く趣の違った装飾です。

リゾートホテルのインテリアはもちろんのこと、街にある普通のお店やカフェ、何と病院でも綺麗なシャンデリアが下がっていたりするのです。

おそらくあのデザインは日本で再現しても不自然でしょう。南国タイだからこそリゾート気分に浸れる素敵な装飾をご覧あれ。

ムード満点のリゾートホテル

タイでの寺院めぐりや街歩きも観光客に人気が高いですが、“リゾート”が目的なら都会の喧騒や雑然とした雰囲気からは逃れたいもの。

そんな人たちに是非薦めたいのが、南部の海岸沿いや小島、東北部や西部の農村地帯です。日常や雑事を忘れられる癒しの空間がそこにはあります。

それに一役買うのが、リゾートホテルの建築やインテリアです。写真右はサメッド島のホテルの室内。赤っぽいオレンジの照明が明るすぎず、何とも言えないムードを醸し出しています。ベッドの上のリネンはゾウの形に折られています。

写真左はカンチャナブリーのバンガロー風のホテルのロビーです。白い壁や柱に古風な屋根の建物も素敵だし、日陰に設置されたリラックスチェアの座り心地も素晴らしいのです。タイのリゾート地は屋外の温度に比べて日陰や屋内が涼しいのもいいですね。

こういった色彩のデザインは、南国の日差しの下で見ると本当に映えます。そしてそれが異国情緒とリゾート感を高めてくれるのです。

|色鮮やかな南国フラワーアレンジメント

南国のリゾート感は、バンコクをはじめとする都市部や郊外でも案外簡単に味わえます。

写真のフラワーアレンジメントはどうでしょう。赤と白のコントラストが鮮やかですね。右はお花の細工をシャンデリアのようにしているのですが、日本では見られない飾り方ですよね。これには照明の明るさをおさえる意味もあります。

明るすぎるといけない場所…。この写真は実は左右ともにタイマッサージ店内で撮影したものです。薄暗くて写りが悪いですが、本物はもっときれいです。マッサージ店は癒しの空間ということで、多くのお店で凝ったフラワーアレンジメントがほどこされています。

そういった雰囲気作りも楽しむポイントだと思うので、やはりマッサージ店選びは店構えの綺麗なところをおすすめします。女性スタッフの美意識が生かされた空間をご堪能ください。

|遊び心あふれる動物モチーフ

ゾウだけじゃない! タイ人は何かと動物モチーフを好んでデザインに組み込みます。

写真左はエンポリアムⅡのハロッズ前のクマさん。写真大好きタイ人たちに大人気で、入れ代わり立ち代わり記念撮影が行われていました。

写真中央はあちらこちらのお店の前にあるトラの置物。たいていお店の両脇に対で置いてあるので、魔よけの意味があるのでしょうか? シーサーのような置物の場合もあります。

そして写真右は、総牛柄のムートンチェアとソファです。こちらもエンポリアムⅡ内にある、牛肉専門店です。シッポがいい味出してますね!

|まとめ

金ピカの仏様を祀っているだけあって、さすがタイは南国情緒にあふれた見て歩くだけでも楽しい観光地です。

日差しの色すら日本とは違って、何もかもが色鮮やか。そんな土地で培われた文化を、遺跡のみならずどこでも感じられると楽しさは何倍にもなるのではないでしょうか。


 

EmQuartier(エンポリアムⅡ)の基本情報
住所 8 Sukhumvit 35 Bangkok 10110 Thailand  地図
営業時間  10:00~22:00
TEL  02-269-2244
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る