----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

タイの街歩き中のちょっとひと休み

タイの遺跡めぐりもいいですが、バンコク市内での買い物や郊外の町での観光所めぐりを楽しみたい方も多いでしょう。

しかし年中暑いタイの街の散策は疲れるしエネルギーを奪われます。

水分・塩分・糖分の補給にコンビニもいいですが、せっかくなのでリーズナブルにタイを楽しめる休憩スポットを今回は紹介します。

|ちょっと小腹がすいた時にはタイ料理屋台!

タイに来たらタイ料理! どこの街角でもタイ料理屋台が見かけられます。

主なメニューは麺類とご飯もの。晩御飯はホテルやレストランを予約しているけど、歩いてちょっと小腹がすいたという時にちょうどいい量で出してくれるのがうれしいところ。

塩分や香辛料の効いたタイ料理は、街歩きで汗をかいた体に元気をくれます。しかも1食50バーツ(約180円)以下というリーズナブルさ!

言葉がわからない…なんて不安もあるかもしれませんが、基本的には指をさして「アオ・アンニー(これください)」で大丈夫! 最近では英語のメニューを用意してくれているお店もあります。ミネラルウォーターがサービスで出されることも。

他にもカットフルーツやフレッシュジュースなどの屋台もあるので、その時の気分と腹具合で選びましょう。

|1時間以上とれるならタイマッサージを体験

長旅と散策で本格的に疲れた体を本格的に癒すにはマッサージです。

最近では日本でも受けられるタイマッサージですが、本場タイで受けると1時間400バーツ(約1440円)ほどです。郊外ではもっと安いことも。メニューもスタンダードなタイマッサージをはじめ、フットマッサージやホットマッサージ、スポーツマッサージなど豊富です。レストランの予約まで1時間以上…なんて時にどうぞ。

お店を選ぶポイントは、やはり店構えの清潔さでしょうか。また、表に日本語メニューが出ているお店は日本語の通じるスタッフさんがいることが多いです。

|タイのカフェ文化

タイでカフェというのはちょっと意外に思われるかもしれませんが、ここもまたリーズナブルな休憩スポット。また、暑い中歩くと意外に糖分が欲しくなるものです。少しゆったりと涼みたいときにオススメです。

写真のメニューはリゾートホテル系列のカフェのワッフル+紅茶(ポット)で190バーツ(約684円)。外はカリカリ中はフワフワで大人二人が満足できるボリュームです。お店によってメニューはそれぞれですが、マフィンやワッフル、アイスなどをコーヒーや紅茶とともに楽しめます。

ただひとつ気を付けないといけないのは、「ノー・シュガー」で注文しないと甘~いコーヒーが出てきます! タイのスイーツは日本のものより甘さが強いので、それを踏まえて飲み物も注文するといいですよ。

|まとめ

ホテルのレストランなら必ず美味しいものが食べられるわけではありません。

それよりはふと気が向いた時に気になったお店に立ち寄る方が、タイでは本当の意味でリーズナブル=値段に見合った満足感が得られたりするものです。物怖じせずに試してみることをオススメします。


現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る