----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

鶏には負けない! タイのシーフードを味わう!

あくまで海推し! 
タイに来て本当に「美味しい!」と思ったのは、私の場合は魚介類です。

穏やかな内海に恵まれた国なのですから、カオマンガイやグリーンカレーなどの鶏料理ばかり食べているのはもったいない! 是非魚介を味わってください!

というわけで、今回は魚介メインのタイ料理をご紹介します。

海を臨むレストラン「グランドシーサイド」

今回訪れたのはこちら。シラチャー(バンコクとパタヤの間にある日本人の多い街です)の突堤にあるタイ料理レストラン「グランドシーサイド」。

トゥクトゥクに乗って店名を言えばすぐ伝わります。近くのゴルフ場からの帰りの日本人や中国人なども多く訪れるお店。

何よりこのお店の魅力は窓から望む海(やはり海推し)。夜、もしくは夕焼けのきれいな日に行くと最高です。

予算は1人500バーツ(約1800円)くらいかな? シェアして色んなメニューを味わうために、4人以上で行くことをおすすめします。

|オムレツ? まんじゅう? お好み焼き…?

写真手前の謎の物体…。これは実はタイ風揚げ春巻きなんです。

中にはほんのり甘いエビの身がギッシリで、外はカリッと揚がっていてすごく美味しい! タイではおなじみのスイートチリソースをつけて食べるようになっていますが、何もつけなくてもおいしいです。下に敷き詰められたハーブの素揚げがまた独特の風味を加えてくれます。

奥はブラックオリーブのチャーハン…とメニューには書かれていますが、オリーブ???という感じ。黒いのはひき肉で、絶妙な甘辛さとカシューナッツの香ばしさがたまらない一品。

どちらもかなり日本人好みの味だと思います。ただしスイートチリソースと唐辛子の量に気を付けて!

|まさに魚! そしてカニ!

エビときたら次はカニ! カニが1匹丸ごと蒸し焼きで出てきました。

あらかじめちょうどいい大きさにカットされています。こちらも身が詰まっていて食べごたえがある! あと、何となく殻が柔らかくて身を食べるのにも食べやすいような気がしました。

下には甘辛く濃い味つけ(しかし辛くはない)の春雨が隠れていて、その味がほんのりカニに移っています。それがカニそのものの味を損なわずちょうどいいんです。

写真左はタイでは定番の魚料理、鯛のレモン蒸しです。蒸してなおプリプリの白身をあっさりと! 

こちらも日本人にもなじみやすい料理ですね。素材の味を生かし、独特の香辛料やハーブで風味づけされた素朴な味わいです。

|まとめ

タイの魚介料理といえば有名どころのソムタムやトムヤムクンなどもあります(私も好きです)が、今回は素材の味を生かしたものをと思ったら辛さひかえめのメニューがメインになりました。

とにかく、タイに来て魚介を食べないのはもったいないです! 実は私がタイで食べたものの中で、そのおいしさに最も驚いたのが白身魚なんですね。びっくりするほど安くて、火を通しても身がプリプリなのです。

ジャンルはタイ料理でなくイタリアンでもなんでもいいので、是非魚介を味わってください!(ちなみにタイのイタリアンはハズレがありません。この話はまた今度機会があれば)

 

Grand Seaside グランド・シーサイドの基本情報
住所  9 Soi Choem Chomphon 18, Tambon Si Racha, Amphoe Si Racha, Chon Buri, 20110地図
TEL  038-323-851

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る