----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

どこで何に乗る? タイの移動手段

さて、タイに着いて、あなたは何に乗ってどこを廻りたいですか? 

ツアーやパックでない旅行の場合、移動手段を自分で選択できる…というかしなくてはなりませんね。空港からなら1階にタクシー乗り場がありますし、ホテルまで行くには便利でしょう。

しかし場合によってはもっと適した選択肢があるかも?

タイならやっぱりトゥクトゥク

タイならではの乗り物といえばトゥクトゥクですね。せっかくだからそのタイ情緒を体験しておいて損はありません。

トゥクトゥクはよく揺れる、雨などの悪天候に弱いなどのマイナス面もありますが、郊外の自然の多い場所でなら風を受けつつ景色も眺めつつ移動ができるのと小回りの利く利便性などは乗ってみて実感できます。

そしてやはり安い。途中どこかに寄って帰りも乗りたいのであればあらかじめ迎えに来てもらう時間を決めておくと精神的にも金銭的にもいいと思います。

また、バイクタクシーも手軽な移動手段としてオススメです。トゥクトゥクよりも安いという利点と、荷物があると乗りにくいというマイナス面があります。

|乗り合いバス ソンテウ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/bf/Isuzu_N-Series_songthaew_01.jpg

こちらはあまりバンコクでは見かけない乗り物かもしれません。

「ソンテウ」と呼ばれる乗り合いバスで、タイの地方都市では市民に日常的に利用されている移動手段です。トラックの荷台部分が客席というのがこれもまたタイらしいテキトーさです。

手を横に突きだすことで合図して停め、運転手に目的地を告げて交渉してから乗るのが一般的です。ルートなどは地域や車両によってルールが違うので、交渉必須です。

乗り合いということで費用を抑えられるのが利点ですね。主に市内を巡るためのもので、たいてい30バーツ以内で移動ができます。

|タイの「痛バス」!?

こちらは「見る」ための車とでもいいましょうか…。それとも見せるための車?

タイにはこのような派手な装飾の観光バスがたくさん走っています。写真のものは神話モチーフでしょうか?

他にも某夢の国風のキャラクターや日本のアニメのキャラクターなど、自由なセンスでいろんなものが描かれています。

バンコク市内より郊外の街でよく見かけます。写真に撮っておくといい土産話になりそうです。

|まとめ

タイは乗り物もタイならでは! 他では見られない「独特のセンス」が光っているので、実際乗ってみるなり写真に撮るなり、何らかの形で体験したいもののひとつだと思います。

しかしくれぐれも値段交渉はやりすぎないことをおすすめします。せっかく異国に訪れるのですから、気持ちよく楽しみたいですよね。


現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る