----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

カフェだけじゃない!タイのコーヒー事情

日本には街の至るところにコーヒー屋さんがあり、コーヒーが日本人にとってどれだけ馴染みの深い飲み物であるのか一目瞭然ですよね。

実はタイ人も日本人に負けないくらいコーヒーが大好きなこと、皆さんはご存知でしたでしょうか。

意外、と思われる方も多いかもしれません。どんなコーヒーがタイ人に人気なのか、気になるところですよね。好みや飲み方に、日本人のそれと違いはあるのかないのか…?!

今回はそんなタイ人とコーヒーについてまとめてみたいと思います。

タイ人とコーヒー

タイでも、特に都心ではデパート内や路面店にコーヒーショップが多数出店しています。昨今は、スターバックスなど、外資系コーヒーショップもかなり浸透しているように見受けられます。

そしてタイでコーヒーといえば外せないのが、コーヒー屋台です!その名の通り、コーヒーを売っている屋台なのですが、至る所で売っており、庶民にとって欠かせないものとなっているようです。写真がタイのコーヒー屋台。道路脇にぽつりと出店しています。

|タイ人とコーヒーあれこれ

タイで飲むコーヒーの、一番の特徴と言えるのは、日本人にとってはとても甘~い点です。注文時に何も言わないと激甘コーヒーが出てくるので要注意ですよ!忘れず甘さ控えめ、と注文しましょう。(中にはそれでも甘すぎると感じる方も多数いらっしゃるようですが。)

また、注文の時に、ホットかアイスか聞かれることはほとんどなく、特に何も言わなければ基本的にはアイスが出てきます。きっと、年中暑い国なので、滅多にホットを注文する人はいないのでしょうね。

コーヒーの相場は、屋台の場合は一杯なんとたったの20~30バーツ程度!ショッピングモール内に出店しているコーヒーショップも50~70バーツと、日本よりも安い価格設定となっていますね。

|タイのコーヒーブランド

タイには自国のコーヒーのブランドがいくつかありますが、中でも代表的なブランドをご紹介したいと思います。

一つ目は、DOI CHAAN(ドイチャーン)。タイ北部で採れたコーヒー豆を使っており、タイ国内に何店舗も出店しています。バンコク市内だと、ショッピングモール内の他にBTS構内でも良く見かけますね。

二つ目は、カフェアマゾン。ガソリンスタンド内を中心に全国展開しているため、見たことのある方も多いのではないでしょうか?昨今はデパート内にも進出しているようです。

|まとめ

いかがでしたでしょうか?道端でタイならではのコーヒー屋台を見かけたら、是非試してみて下さいね。


現地記者:@MEOW
通算タイ暦10年。ローカルフードと猫、マイペンライ精神をこよなく愛するアラサー女子。
2010年よりバンコクにて生活しております。皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。よろしくお願いします!


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る