----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

ガイドブックには載っていない「モクタラ」に行ってみよう!

ガイドブックには載っていない、だけど、バンコク在住の日本人なら知らない人はいない穴場スポット?!

そんな秘密の「モクタラ」をご紹介します。

「モクタラ」って?

毎週木曜日に、シーナカリン大学の構内で開かれている市場のことです。

「木」曜日に開かれる「タラ」―ト(市場)なので、バンコク在住の日本人の間では「モクタラ」と呼ばれています。

場所は、バンコクの中心地、アソークエリアに位置しています。BTSアソーク駅またはMRTスクンビット駅から、スクンビット通りをBTSプロンポン駅方面に進みます。左手にシェル石油が見えたら、そこを左折すると「soi23(ソイ23)」の通りになります。バイクタクシー乗り場があるので、「タラート」もしくは「モクタラ」と伝えて乗りましょう。ひたすら真っ直ぐ進むと、つきあたりにシーナカリン大学が現れます。バイクを降りて敷地内をさらに歩き進むと、すぐに「モクタラ」が見つかります。

|マーケット初心者にもおすすめ!

「モクタラ」の特徴は、なんといっても、清潔で綺麗なところ。

普段は大学の駐車場ということもあり、市場独特のにおいも、足元の歩きにくさもありません!また、規模も大きすぎず、さっと見て回るぐらいなら30分ぐらいのちょうど良い大きさなので、歩き疲れる心配もありません。もし、歩き疲れても、大学構内に入れば、スターバックスやフードコートがあるので、涼みながら休憩することもできます。

そんなこともあり、この「モクタラ」は、バンコク駐在員の奥さまたちにも人気の市場となっています。マーケット初心者の方や小さな子どもを連れた方たちに、ぜひおすすめしたいスポットです。

|食料品から骨とう品まで!

「モクタラ」の中は、大きく<衣類・雑貨ゾーン><野菜・果物ゾーン><お惣菜ゾーン>の3つに分かれています。ゾーン分けされているので、見やすいのもおすすめのポイントです。

<衣類・雑貨ゾーン>には、女性向けの服はもちろん、子ども服や靴、カバン、アクセサリー、化粧品、はたまた、日用品やCDに、鉢植え、骨とう品まで何でも置いています。

<野菜・果物ゾーン>では、他の市場とは違って、ビニールに小分けに入って売られています。旬の果物も、小分けされて売っているので、旅行で来た方も買いやすいですね。

<お惣菜ゾーン>では、から揚げに焼き鳥、フレッシュジュースやタイのカラフルなデザート、タイ風焼きそばや玉子丼などが並んでいます。食べ歩きながら市場を回るのもよし、ちょっと木陰に座って食べるのもよしです。

|まとめ

バンコクの中心地にあり、もちろん、旅行者でも気軽に行けるので、木曜日にバンコクにお越しの際は、ぜひ「モクタラ」に足を運んでみてください!

木曜タラート(モクタラ) の基本情報
住所 Srinakharinwirot University, Sukhumvit Soi 23,Sukhumvit Rd., Wattana, Bangkok 10110
シーナカリン大学構内 地図
開催時間 毎週木曜日 朝7時過ぎから午後2時頃

現地記者:ぴーのっく
タイに魅せられ旅を数回続けるも、2015年春からついにバンコクへ移住。
おいしいタイ料理、おちゃめなタイの人たち、ゆかいなタイの国が大好き。
ガイドブックには載っていない、ローカルなタイの情報をお届けしたいと思います。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る