----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

憧れの国境越えtoカンボジア

海外旅行の憧れのひとつ、「陸路での国境越え」。

ミャンマー、ラオス編に続き、今回は、タイからカンボジアへ、陸路での国境越えをご紹介します。

アランヤプラテートからカンボジアへ

現在、タイからカンボジアへ国境越えできるスポットは、アランヤプラテート、ハート・レックの2ヶ所があります。

カンボジアに入国するにはビザが必要となり、あらかじめ日本やタイのカンボジア大使館で取得することもできますし、国境で取得することもできます。

今回は、バンコクからもアクセスがしやすい、アランヤプラテートでの国境越えをご紹介します。

国境付近の道路は、カンボジアへの荷物を運ぶのでしょうか、大型のトラックが長い列を作っており、「国境の町」だということを実感します。アランヤプラテートからタイの国境を超えると、カンボジアのポイペトという町に着きます。

ポイペトからは、世界遺産アンコールワットで有名なシェムリアップまでバスで移動ができます。

|鉄道、バスでアランヤプラテートへ

バンコクからアランヤプラテートまでは、鉄道、もしくは、バスでの移動となります。

アランヤプラテートへ向かう鉄道は、フアランポーン駅発、5:55と13:05の1日2本です。午後の便では、いずれかの国境の町で宿泊しなければならないので、朝早いですが5:55発の鉄道をおすすめします。チケットの事前購入や席の指定はできないので、30分ほど前には駅に行き、チケットを購入し席を確保しましょう。

車内は、外国人観光客よりも地元の人が多く、途中ほぼ満席状態となりますが、終点に近づくにつれ地元の人の数が減り、国境越えを目指すバックパッカーたちが目立つようになります。

6時間ほどでアランヤプラテート駅に到着です。駅から国境までは距離があるので、駅の前で待っているトゥクトゥクで移動しましょう。

|悪名高き国境!?

バスで向かう場合は、北バスターミナル、東バスターミナルから、また、カオサン通りからはミニバンが出ています。

北バスターミナルやカオサン通りからのバスは、ポイペトからシェムリアップまでのバスもツアーに含まれていますが、鉄道や東バスターミナルからのバスで移動した場合は、ポイペトからシェムリアップまでは自分でアレンジしなければなりません。さて、最初に説明したとおり、カンボジアに入国するにはビザが必要となりますが、タイを出国した後に、国境内でビザを取得することができます。

しかし、国境付近で「日本人はここでビザを取らなければだめだ!」と何度も声をかけられたり、カオサン通りからのツアーの中には、バス休憩の際に「ここでビザを申請しなさい」と誘導されることもあります。…が、いずれの場合も正規の申請代ではビザを発行してくれません。つまり、ぼったくられることが多いのです。

どんなに声をかけられても、写真にある「PSASSPORT CONTROL/DEPARTURE」の看板にしたがって進み、まずはタイを出国しましょう。

|まとめ

現在、日本とシェムリアップの直行便は運行していないため、タイ経由で訪れる旅行客も多いようです。

陸路での国境越え、すんなりとは通らせてくはくれないけれど、それも旅の醍醐味でしょうか…?

国境でのビザ取得については、予告なしに廃止されることも考えられます。カンボジア大使館(http://www.cambodianembassy.jp/web2/)の情報を確認してください。


現地記者:ぴーのっく
タイに魅せられ旅を数回続けるも、2015年春からついにバンコクへ移住。
おいしいタイ料理、おちゃめなタイの人たち、ゆかいなタイの国が大好き。
ガイドブックには載っていない、ローカルなタイの情報をお届けしたいと思います。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る