----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

憧れのロイヤル・オーキッド・シェラトンに泊まってみた

正式名称は「ロイヤルオーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ」。バンコクの西側、チャオプラヤ川の東岸に位置する5つ星ホテルです。

2泊3日の滞在で私が観たこと・感じたことが、少しでも皆さんに伝われば幸いです。

バーや有名店のテナントも入った美しいロビー

5つ星ホテルとあって外観も内装も、それはそれはとても美しく、それが最も表れているのは、ホテルの顔でもあるロビーでした。

天井が高く開放的なスペースは気持ちがよく、涼しげな流水や落ち着いた照明は旅の疲れを癒してくれます。

個人的に驚いたのは、飾られている花がすべて鉢植えの生花だということ。直径70㎝ほどの大きな花器に植わった色鮮やかな花が、きれいに手入れされているのがすごい…。こういったこだわりがリゾート感を高めてくれる気がしました。

ロビーにはバーの他に、有名なジム・トンプソンやNaRaYaの店舗も入っていて、お土産を買うにも便利です。隣のリバーシティにもたくさんの骨とう品店や安価なお土産物屋、タイ料理やイタリアンのお店があるので、そちらに足を延ばしてもいいですね。

近所にはセブンイレブンもマッサージ店もあり、郊外でありながら利便性が高いです。

そしてロイヤルオーキッドシェラトンといえば、スパも有名ですね。私は残念ながら利用できませんでしたが、贅沢にゆったりとタイの旅を楽しみたい方は是非!

|リバービューが楽しめるのは客室だけじゃない

全室リバービューを謳っているロイヤルオーキッドシェラトン。その夜景は格別です。

しかしせっかくなので部屋からだけでなく、1階のテラスにあるレストランに出てみてください。川を行く船がそれぞれ趣向を凝らしたライトアップを施すのは見ものです。

写真上はロイヤルオーキッドシェラトンのシャトルバス。昼観てもレトロな造形が素敵ですが、夜のライトアップはより一層雰囲気があります。

ちなみにテラスのレストランは、タイ料理とイタリアン中心の多国籍風です。ガイヤーンなどの定番タイ料理などを食べましたが、ワンランク上のタイ料理店という感じでした。

チャオプラヤー川を五感で楽しみながら食事ができるのがポイントですね。

|パンが絶品! 朝食ビュッフェ

ホテルの朝食ビュッフェはやはりはずせません。

1階の広いロビーの奥にあるビュッフェは、外の光を取り入れたスペースということもあり、爽やかで活気のある空間でした。しかもこちらからも川が見えます。(写真右上)

そしてやはり5つ星ホテルとあってパンがおいしい! 食事パンからデニッシュ、フレンチトーストまで種類も豊富でトースターも備えられていました。もちろんパンケーキや卵料理などはその場で調理してくれます。調理スペースから漂う甘いにおいや香ばしいにおいがまた食欲をそそります。

|まとめ

正直限られた字数では語りつくせないホテルでした。実際、2泊ではホテルのすべてを楽しみきれていません。今度泊まったときは、スパなども体験したいと思います。

 

Royal Orchid Sheraton Hotel & Towersの基本情報
住所  2 Charoen Krung Road Soi 30 (Captain Bush Lane)Siphya, Bangrak, 10500地図
TEL  +66 (2) 266 0123
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る