----------------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ現地特派員レポートは、現地在住の一般の方により執筆されています。
掲載されている内容に関しましては、お客様ご自身で判断いただきますよう、何卒お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOME  |  タイ現地特派員レポート  |

タイ現地特派員レポート

お土産におすすめ! 個性的なタイ雑貨!

タイの特産物といえばフルーツやタイビールなどがまず思い浮かびますが、現地で美味しかったからといってお土産にできるか、というと飛行機で日本へ持ち帰るにはいろいろと制限があります。職場や友人に配るお土産には何を選べばいいか悩んでしまったりしませんか?せっかくのタイ土産、やはりタイらしさをちりばめたものを差し上げたいですよね。今回はお手頃価格で使いやすい雑貨を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

|プチプラのタイ土産は書店にあり!?

プチプラのタイ土産

実はタイの書店はちょっとしたお土産を買うのに最適です。マグネットやキーホルダー、ブックマーカーなど、かさばらず好みにもあまり左右されず、かつ求めやすい金額でタイらしく誰にでもお土産として配れる雑貨がたくさんそろっています。

空港にも似たお土産は売っていますが、デザインの多様さと価格を考えると、断然書店がおすすめです。マグネットなどは安ければ50バーツほどのものも。ちなみに写真の商品は主に1個150バーツです。

写真にはほかにも、タトゥーシールや腕時計などがありますね。また写真右下は組み立て式のミニチュア模型なのですが、なんとソーラー電池で動きます。こういった細かい細工の雑貨も、あまり知られていないタイのお土産品です。

|普段使いにちょうどいい! 夏の部屋着に最適!

タイのズボン

そしてかばんや服などの布製品も、タイ特有のデザインでかつ実用性のあるお土産です。特にタイのズボン(写真右)は部屋着におすすめ! 暑くて湿度の高いタイの伝統的なスタイルとあって、楽で風通しもよく、日本の暑い夏にも重宝します。ウエストにゴムの入っているものなら着脱もしやすいし、ポケットがあるので家事にも便利です。買う時にチェックしてみてくださいね。

こちらの写真では落ち着いた色合いのデザインが多いですが、どこのお店でもカラーは豊富にそろっていて、デザインや布地で値段が変わってきます。ひと夏で着倒すつもりなら、300~450バーツ(日本円約900~1350円)くらいのお手頃価格のものがおススメ!

|お茶に急須…日本では手に入らない味とデザイン!

パンダナス

タイにもお茶の文化はあり、日本では手に入らないような種類のものもたくさんあります。その中でも有名なものがパンダナスといって、心臓機能促進や美肌に効果のある銘柄で、さわやかな香りのお茶です。タイブランドのウーロン茶もあるので、お土産ならぜひそちらを選んでみてください。

ティータイムが趣味の方には、茶器を買って帰ると喜ばれるのではないでしょうか。どれも日本では珍しい(もしくは高価な)異国情緒あふれるデザインで、インテリアにもできそうなものばかり! 値段も100バーツ台から1000バーツほどのセットまで様々です。

|まとめ

今回はパタヤのセントラルフェスティバル内で取材をしましたが、紹介したお土産は観光地や市街地なら入手しやすいものばかりです。書店の雑貨に興味を持たれた方はデパートや大きめのスーパーを、タイズボンを見てみたい方はマーケットやショッピングセンター、露店などをのぞいてみるといいでしょう。お茶や茶器のお店は、大型スーパーの地下階に入っていることが多いので、気になったらチェックしてみてくださいね!

Central Festival Pattayaの基本情報
住所 Pattaya Beach 333/99 M.9 Banglamung,Chonburi, 20260, Thailand
地図
営業時間  11時から23時まで/定休日なし
TEL 033 003 999
Fax +662-714 7608
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

女子旅にオススメのイーサーン料理「スパンニガー・イーティング・ルーム」@トンロー

タイ料理といえばトムヤムクンやカオマンガイなどが有名ですが、それは主にタイ中部の料理だということを知っていましたか?

今回紹介したいのは、イーサーン料理と呼ばれるタイ東北料理のお店です。お店の名前は「スパンニガー・イーティング・ルーム」。バンコクの中心部から少し離れた地区のおしゃれな空間で、ひと味違ったタイ料理とフルーティなカクテルを味わえる、女子旅にぴったりのお店です。

|ショッピングにもおすすめのトンロー通りにあるおしゃれなお店

スパンニガー・イーティング・ルーム

バンコクの中心部を離れた比較的静かでおしゃれな街、トンロー通り。日本人も多く住むこの地域には、おしゃれでおいしい飲食店や独特のセンスを発揮した個性的なお店がたくさんあります。すでにバンコク中心街や遺跡は回ったという訪タイ2回目以降の人におすすめの街です。

今回紹介する「スパンニガー・イーティング・ルーム」があるのもこのトンロー通り。店内は落ち着いた明るさでもちろん空調も効いていて、外の暑さを忘れられるおしゃれな空間になっています。

|辛くなく独特の食感と香りに癒されるイーサーン料理

イーサーン料理

今回注文した料理はざっとこんな感じでした。左上のチャーハンはともかくメジャーですが、、他はあまり日本人にはなじみのないメニューではないでしょうか。

まず、イーサーン料理の中でも日本人に大人気なのがイーサーン・ソーセージ(右上)。タイに限らず東南アジアにはピリ辛のソーセージがありますが、このイーサーン・ソーセージはそれ自体の辛さはほとんどなく、いぶされたいい香りがするのが特徴です。どんなお酒のおつまみにもピッタリ。トウガラシやショウガの酢漬けなどで好みの味に調節して食べます。

そして右下のスープの具は、ニガウリの豚肉詰めです。こちらも辛くはなく、豚のダシとハーブがよく効いた癒し系の味。豚の油とニガウリのバランスが絶妙!

同じく右下のもう1品は牛すね肉のハーブ炒めなのですが、こちらはピリ辛で酸味もあって歯ごたえがよく、くせになるおつまみです。

そして写真左の下は、トマトとひき肉(?)の炒め物で、燻製の風味がついていました。野菜と一緒に食べるようです。

|どれもおいしいトロピカルカクテル!

トロピカルカクテル

このお店を女子旅におすすめしたい理由のひとつがトロピカルカクテルの種類の豊富さとおいしさです!

オリジナルのマティーニとモヒートがメインなのですが、シトラス味は珍しくありませんが、スイカ味があることにびっくりしました。他にもライチやマンゴーなど、南国ならではのフルーティなラインナップ。甘いものもすっぱいものもそろっていて、色もきれいなのでつい目移りしてしまいます…。

もちろんフレッシュジュースや各種ソフトドリンク、ビールにウイスキー、ワインなどもひと通りそろっているので、大勢の飲み会にも最適です!

|まとめ

場所はBTSのトンロー駅からスクンビット・ソイ55(トンロー通り)を北上し、トンロー・ソイ6を過ぎてすぐ右です。タクシーやトゥクトゥクを利用する場合は、「トンロー・ソイ6」と言ってみてください。入り口の黄色いお花のマークが目印です。

SUPANNIGA EATING ROOMの基本情報
住所 160/11 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor) Klongton Nuea, Watthana, Bangkok 10110地図
営業時間 11.30 hrs – 14.30 hrs / 17.30 hrs – 23.00 hrs (Last Order 22.15)

定休日なし

TEL +662 714 7508, +662-314-3480
Fax +662-714 7608
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

あっさり味の “フカヒレ” と “シャコ” がお薦め「チャイナ・シャーク・フィン」

タイに来たら1日目はやはりタイ料理? ホテルのバイキングにフードコートに屋台など、思い思いの場所でぜひ本場タイの味を試してみてほしいところです。

しかしバンコクに来るとフカヒレを食べるのが楽しみだという日本人も多いのです。そんな日本人たちが通い、タイ人たちにも人気のお店、ペッブリー通りにある高級店「チャイナ・シャーク・フィン」を紹介します。本格中華とタイ料理が味わえるお店です。

|フカヒレスープはだしのきいたあっさり薄味

「チャイナ・シャーク・フィン」のフカヒレスープ

以前にはこってり味の「ホック・フカヒレ・レストラン」を紹介しましたが、今回の「チャイナ・シャーク・フィン」のフカヒレスープはあっさり味です。色が濃くてとろみも強いのですが、食べてみると驚くほどにあっさりの醤油味。口に入れた瞬間にホッとするような柔らかい味わいが広がります。

ちなみにこちらのフカヒレスープ(中)は600バーツ。以前紹介した「ホック・フカヒレレストラン」ではフカヒレスープ、アワビ粥、杏仁豆腐とその他2品で700バーツを割っていたことを考えると、やはりお高めです。

和食とは違った“シャコ”の味わい方をどうぞ!

「チャイナ・シャーク・フィン」シャコ

このお店はメニューが豊富なことも売りのひとつ。フカヒレだけでなくガチョウや魚の浮袋、エビ、魚、カニ、野菜、麺類と本格的な中華料理がよりどりみどりです。

その中でもぜひ味わってほしい変わり種食材が「シャコ」です。日本ではお寿司屋さんのネタというイメージが強いですが、このお店ではニンニク炒めで食べることができます。殻まで柔らかくかつ香ばしく、身はエビよりもしっかりした食べごたえがあるので、個人的にはエビより断然おすすめです!

〆のアワビがゆとカキのオムレツも具がたっぷり!

〆のアワビがゆとカキのオムレツ

そしてフカヒレ料理店では定番の〆の料理がアワビ粥。写真でもよくわかるほどに大きなアワビの身が何切れも入っています。独特の歯ごたえとフカヒレより旨味がたまりませんね。体全体にしみわたります。

そして下の写真は、日本人にも人気の高いタイ料理、カキのオムレツです。カキがぎっしり詰まっていて、もやしやふわふわの卵との相性抜群! あまり日本では知られていませんが、シラチャーソースで辛さを調節できるので、辛いのが苦手な方にも安心。こちらもタイに来たら試してみてくださいね。

|まとめ

「チャイナ・シャーク・フィン」は高級店とあって、やはり食材が豪華でメニューも豊富! もちろん味も素晴らしく、かなりの満足感があります。ここぞという時のディナーなどに活用してみてください。

ご来店の際は事前のご予約がおすすめです。

 

CHINA SHARK FINの基本情報
住所 207 Pattanakarn Road, Suanluang, Suanluang, Bangkok 10250地図
TEL +662-314-3001, +662-314-3480
Fax +662-719-9317
 HP  http://www.chinasharkfin.com/

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

フードコートに行こう!

タイのローカルフードを楽しみたい! ガイドブックを見るたびにタイに行ったらあれ食べてこれ食べて・・・屋台も、地元の人たちでいっぱいの食堂もすごく魅力的、一度は訪れてみたい有名なレストランもこれまた魅力的。

食事は旅の楽しみのひとつですよね。いろいろなものを手軽に食べたい、そんな方におすすめなのが、フードコートです!

スーパーやデパート、ショッピングセンターに行けば、どこにでもあるフードコート。ぜひ、旅行期間中に1度は試していただきたいです。

フードコートをおすすめする4つの理由

ずばり、清潔で涼しい!オーダーがしやすい!ローカルプライス!見つけやすい!この4つです。

暑い中、観光や買い物で疲れた体に元気をチャージするには、涼しい場所での食事が何よりです。クーラー効いているので、汗だくになることを気にせず、涼みながらのんびりと食事を楽しむことができます。

フードコートの各ブースには写真やサンプルを置いている場合が多く、どのような料理なのかが一目瞭然で、指差しでのオーダーも可能なのもうれしいポイントです。

それでいて、価格は屋台や食堂と同じぐらい安く、1食ワンプレートもので30〜40バーツ(約90〜120円)のものがほとんど。麺類も30バーツぐらいからあります。

|クーポンを購入しよう

フードコートは、一般的には先払い制のものがほとんどです。まずは、フードコート入り口付近にあるクーポン売場を探して購入しましょう。カードタイプとチケットタイプがあります。100バーツや200バーツなどぴったりの金額を払うのがスムーズです。

クーポンを購入したら、食べたいものを探し、オーダーします。クーポンはお店のスタッフに渡します。カードタイプのものは代金をカードから引いて、チケットタイプのものは金額分のチケットをとって、それぞれ返してくれます。

また、スプーンやフォークなどは、〈スプーン・フォーク置き場〉に置いてあるのでフードコート内を探しましょう。【「メニューが豊富♪」右下写真】のように、横にはお湯が入っているので、スプーンとフォークをササッとお湯に通してから使用します。さらに、食べ終わった食器類は、自分で片付けるのではなく、机にそのまま置いておいて大丈夫!クリーンスタッフの方が片付けをしてくれます。

お帰りの際には、残ったクーポンを払い戻してくれるので、クーポン売り場に戻って精算するのをお忘れなく!!

|あれこれ迷う!メニューが豊富

チャーハンやチキンライス、ガパオライスなどのワンプレートもの、汁あり・汁なしラーメンや焼きそばなどの麺類、みんなでシェアしやすい炒め物やタイ風サラダ、おかず…など、とにかくメニューが豊富にあります。

タイ南部・タイ東北料理などの地方料理だけでなく、フードコートによっては、日本料理やインド料理、韓国料理などの多国籍料理を揃えているところもあります。

ローカルプライスが嬉しいフードコートですが、ちょっぴり高級感を味わいたいなら、BTSプロンポン駅直結デパート「エンポリアム」のフードコートがおすすめ!タイ料理以外の多国籍料理が楽しめるのはもちろん、高級デパート内のフードコートということもあり、清潔感も抜群!

そして、1番のおすすめ理由は、フードコートから見える景色です。すぐ隣がベンジャシリ公園となっているので、公園が見渡せるのはもちろん、開放感のある窓から街が見渡せるので、ちょっとしたレストランに行った気分にもなれます。訪れた時にはぜひ窓側の席に座ってその素晴らしい眺望も楽しんでください。

また、BTSナショナルスタジアム駅直結デパート「MBK」では、2種類のフードコートが楽しめます!

5階にあるフードコートは、落ち着いた照明に黒を基調にしたインテリアが大人な雰囲気で、多国籍料理や本格スイーツまで楽しめます。一般的なフードコートが50バーツ(日本円約150円)以下で一食済ますことが出来ると思うとこちらはパスタが200バーツ(日本円約600円)ほどとかなり高めなお値段。そのせいでしょうか?クーポンも先払いではなく、後払い制になっています。

一方、6階にあるフードコートは、かなり庶民派。ズラッと並んだタイ料理に、ぎゅうぎゅうに並ぶテーブル、にぎやかなお客さんの話し声、これぞタイのフードコート、と言った雰囲気です。ふたつのフードコートを見比べてみるのも楽しいかもしれません♪

|まとめ

タイに来て「何食べよう?」「どこで食べよう?」…と、困った時には、とにかくフードコートに行ってみてください。

デパートやショッピングモールであれば、最上階にあることが多いのでフロアマップでも見つけやすいです。

一度行くと、その手軽さ・安心さに、やみつきになるかもしれません。それぞれのフードコートによって、雰囲気も違ってくるので、バンコクでのフードコート巡り、ぜひお試しください。


現地記者:ぴーのっ
タイに魅せられ旅を数回続けるも、2015年春からついにバンコクへ移住。
おいしいタイ料理、おちゃめなタイの人たち、ゆかいなタイの国が大好き。
ガイドブックには載っていない、ローカルなタイの情報をお届けしたいと思います。く


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

バンコクで海鮮バーベキュー! 「Seafood Market & Restaurant」 

タイ南部の海沿いではシーフードバーベキューはメジャーですが、全国から選りすぐりの食材が集まるバンコクでも、おいしいシーフードバーベキューを味わえるお店があります。

その中でも家族連れ、お子様連れに最もおすすめのお店が、BTSのプロンポン駅の近く、エンポリアムデパートからも歩いていける「Seafood Market & Restaurant」です!

広い店内と食材を選ぶ楽しさ、エンターテインメント感たっぷりのスペースなのです!

広い店内! 新鮮な食材を自分で選んで係の人へ!

BTSの駅をエンポリアム側に降りて左、エンポリアムの東側のソイ24という通りを少し行った左側に「Seafood Market & Restaurant」はあります。

目印は高く掲げられたロブスターの看板(写真左上)。建物の入り口脇には厨房があり、活気あふれる調理風景が見られました(写真右上)。

そして入ってみると、店内がとにかく広い!! 照明も派手で、写真ではわかりづらいですが天井から色とりどりの魚型のバルーン(?)がたくさん下がっています。子供が大喜びしそうな空間です。

入り口からまっすぐ奥に進んで突き当りに、ずらっと新鮮な食材が並んでいます。海鮮は鮮度を保つために氷に埋まっていました。その様子はまさに店名通り。まるで魚市場のようです。

カニにエビに魚に貝類に…あまりに種類が多くて混乱しますが、係の人が1人ついてくれるので、相談しながら選ぶといいでしょう。

塩ペースのグリルかバター焼きか、アドバイスを受けてイメージしながら選んでいくうちに食欲も高まってきます!

|グリルがおすすめ? ロブスターとカニははずせない!

私たちが選んだのは、20~30センチはあるロブスターにカニ、ムール貝とホタテ、そして太さと色の鮮やかさが見事なアスパラガス。

どれもおいしかったのですが、格別だったのはロブスターのバターガーリック焼きと、身のぎっしり詰まってほんのり甘いカニのグリルです。この2品は是非味わってみてください。

また、チャーハンやトムヤムクンなどのスープは食材を選ぶのとは別に注文できます。カニはチャーハンでもやはりおいしい! トムヤムスープは辛さの調節もできて今回はあっさり味にしましたが、最高の食材を生かすには最適だったと思っています。

|飲み物も充実! ビールやワインから日本酒まで!

こちらのお店ではアルコール類の種類の多さも売りのひとつ。ビールやワインはもちろんのこと、各種リキュールや日本酒、焼酎まで他のお店では見たことないほどの品ぞろえでした。

今回訪れたのはお昼でしたが、これらのアルコールを味わうにはやっぱり夜がいいのかも?

|まとめ

初めての体験だったのでずらりと並んだ食材を前に右往左往してしまいましたが、あとでホームページを見てカニのカレー炒めがおすすめされていて若干後悔しました…。

2人で3,000バーツ(10,000円弱)とややお高めなのでしょっちゅうはいけませんが、今度行ったときはもっと落ち着いて調理法を選ぼうと思いました。

 

Seafood Market & Restaurantの基本情報
住所  89,Sukhumvit Soi 24(Kasame), Sukhumvit Rd., Klongtoey,Bangkok 10110,Thailand地図
TEL  022612071-5, 026611252-9, 022596580-1
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

一味違うトムヤムクンとモヒートのお店@パタヤ

パタヤの中心ともいえるショッピングモール、セントラルフェスティバルの6階にあるレストラン「ヒポポタマス」をご紹介します。

このレストランの売りはパタヤビーチを一望できる眺めのよさ、そして充実したフルーティなカクテルとスムージーです。

海の見える多国籍レストラン「ヒポポタマス」

セントラルフェスティバル6階の、海に面した西北端に「ヒポポタマス」はあります。店名のとおり赤いカバのキャラクターが目印です。店内は広くて大人数もOK。

しかしせっかくなので空いていればぜひテラス席へどうぞ! パタヤビーチを一望し、海風を感じながらの食事は格別です。

写真は昼間ですが、夜景は夜景でロマンティック。西に海を望んでいるので、夕日を眺めながら食事を楽しむこともできます。

|オリジナルモヒートがおすすめ! フルーティなドリンク色々

このお店でまずおすすめしたいのがオリジナルモヒートです。

本来はミントとライムのカクテルですが、この「ヒポポタマス」ではイチゴフレーバーのモヒート・フレーズや、パッションフルーツの甘さと香りが楽しめるモヒート・パッションも味わえます。どちらもフルーティでとっても南国パタヤにピッタリ。

さらに100%のフレッシュジュースとオリジナルレシピのスムージーも種類が豊富で、どれもおいしくてなんと1杯99バーツ(約300円)。フレッシュジュースもスムージーもタイにきたらぜひ味わうべきもののひとつなので、大人も子供もお好みのフレーバーを選んでみてください。

|ブイヤベース風のトムヤムクンにステーキ、貝のチーズ焼き

「ヒポポタマス」のメインは肉料理やハンバーガーなのですが、写真左上のトムヤムクンもおすすめです。

エビだけでなくイカも入っていて、ダシがまるでブイヤベースのように濃くて味わい深いです。

写真左上がそのトムヤムクン。右上はマグロのタルタル、左下がポークリブ、右下は下記のチーズ焼きですね。肉も海の幸も野菜もスナック類も、そしてデザートまで色々とそろっているので、家族全員で楽しめるお店です。

|まとめ

パタヤにはビーチを眺めながら食事のできるお店はたくさんありますが、その中でもこの「ヒポポタマス」は眺め・メニュー・価格のすべての面でおすすめできるお店です。6階の高さから見る景色は昼・夕方・夜のいつでも最高なので、お好きな時間帯に足を運んでみてください。

夜は混むのでランチタイムから夕方くらいまでが狙いどころかもしれません。

 

Hippopotamus Restaurant Central Festival Pattayaの基本情報
住所  Central Festival Pattaya Beach Level 6, Pattaya Beach 333/99 M.9 Banglamung, Chonburi, 20260地図
営業時間  10:00~21:00(無休)
TEL  +66 (2) 258-8637
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

注文は簡単!タイラーメンにトライしてみよう!

タイ人にも外国人観光客にも大人気のタイ屋台フードといえば、なんといってもタイラーメン!

見た目がベトナム料理のフォーに似ているため、「フォー」という人も見かけますが、タイラーメンの正式名称は「クイティアオ」と言いますよ~!今回はそのクイティアオの種類や注文の仕方をご紹介したいと思います♪

どんな種類のラーメンがある?

日本のラーメンに、みそ・しょうゆ・塩・とんこつ味等があるように、クイティアオにもいくつか種類があります。

定番の出汁スープ(お店によって鶏出汁、豚出汁、魚介出汁があります)から、トムヤム味、紅豆腐乳を使ったイェンタフォー味などがあります。

初心者の方には、まず食べやすい出汁スープを食べてみるのをお勧めします!あっさりとしたスープで、辛さや甘さは後から自分で調整することができますよ。ちなみに、出汁スープはタイ語でナムサイと言います。

写真はトムヤム味スープのクイティアオ。日本でもお馴染みの、あのトムヤムクンスープと同じハーブで味付けされたスープです。アソーク駅直結のデパート、Terminal21内のフードコートでたったの28バーツ。

|注文の仕方は?

屋台の場合、ちゃんとしたメニューもないし、いまいち注文の仕方が分からない…という方も多いのではないでしょうか?

実はとっても簡単な注文方法をご紹介します♪まずはじめに、何味のスープにするかを店員さんに伝えます。(ナムサイ・トムヤム・イェンタフォー等)

そして次に、どの麺にするか聞かれますので、太麺・細麺・縮れ麺・ママー麺等からお好みの麺を選んで伝えます。麺は大抵ディスプレイにあるので指をさせば問題ないです。

入れてほしくない具材があれば、ここで合わせて伝えるのもアリですよ!これで注文完了です♪

写真はクイティアオ屋台の内側。真夏日に熱々スープの前でお店の切り盛りをするのはとてもしんどそうです。

|味はお好みで!こんな食べ方もおすすめ!

トムヤム味、イェンタフォー味は既に味付けされているので、今回は出汁スープの食べ方についてご紹介したいと思います。

出汁スープは、英語表記では大体Clear Soupと書かれています。この出汁スープの醍醐味は、何と言っても自分の好みに合わせて味付けできるところ!シンプルな味付けで出てくるので、そのスープに唐辛子やお砂糖、お酢等を入れて味を調整します。

写真は細麺の出汁スープに唐辛子をトッピングしたものです。

|まとめ

いかがでしたでしょうか?

エアコンが効いた室内で美味しいタイ料理も良いですが、せっかくタイに来たのなら、是非とも屋台で熱々のクイティアオを食されてみて下さいね。これで注文もばっちりなはずです!


現地記者:@MEOW
通算タイ暦10年。ローカルフードと猫、マイペンライ精神をこよなく愛するアラサー女子。
2010年よりバンコクにて生活しております。皆様のお役に立てる情報を発信できればと思います。よろしくお願いします!


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

スーパーマーケットでびっくり!?安くて珍しい食品をお土産に!

タイのお土産といえばタイシルクなどの高級品から露店で買えるものまで様々ですが、今回はスーパーマーケットで買えるお土産を紹介したいと思います。

スーパーマーケットには日本ではなかなか手に入らないタイの食材がたくさん! しかも安価なので気軽に買えます。

ブームはこれから? ピリ辛のケチャップ「シラチャーソース」

日本でのブームも目前!? そんな現在イチオシのタイ土産が「シラチャーソース」です。

一見ケチャップのようですが、ベースは甘めでほんのりピリ辛のソース。これがなんと肉にも魚にも卵にもなんでも合うという優れものなのです。オムレツやハンバーグに、ちょっとパンチがほしいかな?というときに最適で、常備しておけば重宝します。

2010年ころにアメリカの会社が製造したことで有名になったソースですが、最初に生まれたのはタイのシラチャーという地方都市。名前もそこからつけられています。

タイ料理店ならどこにでも置いてあり、タイで買えば高くても1本40バーツほどで種類も豊富。どこのスーパーでも売っています。

ただ難点は、ケチャップと見分けがつきにくいこと! よく見て黄色いラベルのものか、ソースに粒がなくてラベルに唐辛子の絵が描いてあるものを選んでくださいね。

|カレー好きには「茶色いお米」!

カレー好きの人におすすめしたいお土産は、タイのお米です。

普通のタイ米やジャスミン米ぐらいは日本でもそこそこの値段で買えますが、タイのスーパーのお米売り場には色とりどりで風味も様々なお米がずらりと並んでいます。日本のジャポニカ米より香ばしいこれらのお米は、カレーに抜群に合うのです!

でもどれを選べばいいのかわからない…という人は茶色いものを選んでみてください日本で手に入りにくく、かつ香ばしくてカレーによく合います。少量で真空パックされて売っているものなら持ち帰りにも便利です。

ただし、お米を持ち帰る際は空港でほんの数分ですが検疫(無料)を受ける必要があるのでその点だけご注意を。

|ココナッツに大豆にお米にひまわり…万能の油

少し前に日本でブームになったココナッツオイルもタイにはさまざまな種類・容量のものが売られています。

食用にも美容にも使えるので、小瓶で買って帰ると喜ばれるかもしれませんね。

しかしもし料理好きの知り合いがいたら、もっと珍しい油を選んでみてもいいのでは? 

タイは国際化が進んでいるせいもあり、油も大豆に菜種にひまわりにお米に…と、細かく分類すれば数え切れないほどの種類のものがあります。どれも安価なので、お試しにちょうどいいですよ!

|まとめ

今回取材したのはタイの住宅地やデパートなどに広く展開しているスーパーマーケットのTOPSです。

上に紹介したほかにも店舗ごとにいろんなものが売っているので、ミネラルウォーターを買うついでにでも見てみると面白いのではないでしょうか。

 

Tops marketの基本情報
住所  Rd North-Klongtei Wattana 259 Sukhumvit Rd, Khlong Toei Nuea, Bangkok 10110地図
TEL  +66 02 651 3330
参考サイト 公式サイト

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

トムヤムクンが絶品! バンコクのタイ料理店「レモングラス」

BTSプロンポン駅から歩いて2~3分の場所にあるタイ料理店「レモングラス」。

お土産物を買うのにも最適なバンコクの大型デパート「エンポリアム」の道を挟んですぐそばなので、買い物の合間のランチにもちょうどいいです。

特に海鮮料理やトムヤムクンが好きな方にはおすすめのお店なのです。

プロンポン駅すぐそばの落ち着いた空間

高層ビルの立ち並ぶ地区の一角に、ひっそりとしたたたずまい。

緑に覆われた入り口は涼しげで癒されますね。赤と緑のアンティーク調のドアともうまく調和しています。

この「レモングラス」はもともと民家だった建物をほぼそのままお店として使っているのだそうです。そのためか店内も広すぎず狭すぎず、調度品なども落ち着いたトーンで統一されていました。

|絶品トムヤムクン! 海鮮料理とカレーの種類が豊富

メニューにはエビをはじめとした海鮮を使った料理とカレーがずらり! 

もちろんガイヤーンなどの代表的な鶏料理もありましたが、「レモングラス」はその名のとおりハーブの一種であるレモングラスを使った料理がメインとなっているので、やはり淡白な素材が多いのでしょうね。店構えだけでなく味も癒し系でした。

その中から今回私が注文した料理は、エビチャーハン(左上)、エビのサラダ(右上)、トムヤムクン(左下)、揚げ長なすとシーフードカレー(右下)です。

どれも上品な味つけで、素材の味が生かされていますが、この中であまりのおいしさに驚いたのが、トムヤムクンと揚げ長なす&シーフードカレーでした。特に辛すぎず深みのある味わいのトムヤムクンはまさに絶品! 辛いタイ料理が苦手という人にもおすすめです。

また、シーフードカレーにフリッターのような揚げ長ナスが相性抜群というのにも驚きました。サクサクの衣とカレーのスパイシーさがクセになります。

|入り口がわかりにくいので気を付けて!

「レモングラス」はエンポリアムのすぐそばというわかりやすい立地でありながら、知らないとまずたどり着けないお店でもあります。なぜなら、入り口がとってもわかりにくいから!

エンポリアムのグランドフロア、スターバックスの脇にある出口から出て道路の向かい、写真の木々に埋もれそうな赤い枠が入り口です。よく見ると上に「LEMONGRASS」と赤い字の看板があります。

プロンポン駅からなら1番出口を出てエンポリアムに向かって左に進み、「NaRaYa」の角を右に曲がってください。そこから100mくらい行くと左手に見えます。

|まとめ

魚の揚げ物や、ソムタムという辛いサラダに豚の皮が入ったカオマン・ソムタムなど、今回紹介した料理以外にもたくさんおいしそうなメニューがありました。

レモングラスの風味が好きな方や本場のタイ料理をゆったり楽しみたい方には最適なお店です。

 

Lemon Grassの基本情報
住所  5/1 Sukhumvit 24, Bangkok 10110地図
営業時間  ランチ11:00〜14:00、ディナー18:00〜23:00
TEL  +66 (2) 258-8637

現地記者:merryjane
猫と夫と3人での転勤族。これまでも日本国内を転々としてはいたものの、海外はやはり遠かった…。
とはいえ海外転勤を機にインドア派だった私が休みのたびに出かけるようになりました。
パタヤの海を眺めてカクテルを飲んでいると幸せです。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る

憧れの国境越えtoカンボジア

海外旅行の憧れのひとつ、「陸路での国境越え」。

ミャンマー、ラオス編に続き、今回は、タイからカンボジアへ、陸路での国境越えをご紹介します。

アランヤプラテートからカンボジアへ

現在、タイからカンボジアへ国境越えできるスポットは、アランヤプラテート、ハート・レックの2ヶ所があります。

カンボジアに入国するにはビザが必要となり、あらかじめ日本やタイのカンボジア大使館で取得することもできますし、国境で取得することもできます。

今回は、バンコクからもアクセスがしやすい、アランヤプラテートでの国境越えをご紹介します。

国境付近の道路は、カンボジアへの荷物を運ぶのでしょうか、大型のトラックが長い列を作っており、「国境の町」だということを実感します。アランヤプラテートからタイの国境を超えると、カンボジアのポイペトという町に着きます。

ポイペトからは、世界遺産アンコールワットで有名なシェムリアップまでバスで移動ができます。

|鉄道、バスでアランヤプラテートへ

バンコクからアランヤプラテートまでは、鉄道、もしくは、バスでの移動となります。

アランヤプラテートへ向かう鉄道は、フアランポーン駅発、5:55と13:05の1日2本です。午後の便では、いずれかの国境の町で宿泊しなければならないので、朝早いですが5:55発の鉄道をおすすめします。チケットの事前購入や席の指定はできないので、30分ほど前には駅に行き、チケットを購入し席を確保しましょう。

車内は、外国人観光客よりも地元の人が多く、途中ほぼ満席状態となりますが、終点に近づくにつれ地元の人の数が減り、国境越えを目指すバックパッカーたちが目立つようになります。

6時間ほどでアランヤプラテート駅に到着です。駅から国境までは距離があるので、駅の前で待っているトゥクトゥクで移動しましょう。

|悪名高き国境!?

バスで向かう場合は、北バスターミナル、東バスターミナルから、また、カオサン通りからはミニバンが出ています。

北バスターミナルやカオサン通りからのバスは、ポイペトからシェムリアップまでのバスもツアーに含まれていますが、鉄道や東バスターミナルからのバスで移動した場合は、ポイペトからシェムリアップまでは自分でアレンジしなければなりません。さて、最初に説明したとおり、カンボジアに入国するにはビザが必要となりますが、タイを出国した後に、国境内でビザを取得することができます。

しかし、国境付近で「日本人はここでビザを取らなければだめだ!」と何度も声をかけられたり、カオサン通りからのツアーの中には、バス休憩の際に「ここでビザを申請しなさい」と誘導されることもあります。…が、いずれの場合も正規の申請代ではビザを発行してくれません。つまり、ぼったくられることが多いのです。

どんなに声をかけられても、写真にある「PSASSPORT CONTROL/DEPARTURE」の看板にしたがって進み、まずはタイを出国しましょう。

|まとめ

現在、日本とシェムリアップの直行便は運行していないため、タイ経由で訪れる旅行客も多いようです。

陸路での国境越え、すんなりとは通らせてくはくれないけれど、それも旅の醍醐味でしょうか…?

国境でのビザ取得については、予告なしに廃止されることも考えられます。カンボジア大使館(http://www.cambodianembassy.jp/web2/)の情報を確認してください。


現地記者:ぴーのっく
タイに魅せられ旅を数回続けるも、2015年春からついにバンコクへ移住。
おいしいタイ料理、おちゃめなタイの人たち、ゆかいなタイの国が大好き。
ガイドブックには載っていない、ローカルなタイの情報をお届けしたいと思います。


>タイ現地特派員レポート 一覧へ戻る